2017年3月9日

2月25日に広島県庁で開催された「地域クラウド交流会」にて、みかん酵母パンでの起業に向けた取り組みをプレゼンテーションして、優勝しました!

地元広島からの発表者が2名、岡山1名、香川1名の計5名がプレゼンテーションをしました。知り合いは数名だったので、正直厳しいかなと思っていたのですが、有難くも最多得票数(143票中37票)を得るのことができました。

嬉しかった~!!


地域クラウド交流会というイベントは、今治市出身の青野さんが社長を務めるIT起業サイボウズが実施している事業です。詳しくはこちら

ホームページから、地域クラウド交流会の説明を引用しますと:

”交流会のテーマは「つながる。広がる。うまれる。起業家の応援を通じて地域を活性化」です。
地域の起業家が自身の事業や取り組みについて3分間のプレゼンを実施し、交流会参加者は自分の一票を、応援したいと思う起業家に投票することができます。
そして交流会参加費の一定割合が投票数に応じて起業家に賞品として資金提供されると同時に、人的ネットワークを広げる場にもなっています”

そうです。プレゼン時間は僅か3分!


昔から人前に出て話すのは好きなので、3分で何を喋るか考えるのは楽しかったです。
どんな内容にするか色々と考えたのですが、シンプルに喋ることにしました。

・大三島に移住した理由
・みかん酵母のこと
・移住してから2年間のこと
・なぜパン屋として起業したいか
・起業で何を達成したいのか

が主な内容です。

プレゼン終わった後は上出来だと思って、後日友人が送ってくれた動画を見ましたが。。。
自分的には68点!!って感じでした、汗。

一番の減点理由は、発表しているときの表情と動き。
もっと爽やかに笑顔で喋れ!って感じです。ずっと前から気がついてますけどね。。。
日々の生活から変わらないとこれは改善できませんよね。。。がんばろう。


プレゼンテーションが終わった後に、ライ麦パンとくるみパンを振る舞いました。
みなさん、美味しい!と喜んで食べてくださったので自信になりました。


優勝の副賞は、サイボウズが提供しているビジネスアプリ作成クラウド「kintone」一年分!です。

正直、kintoneで何ができるのかよく理解していないのですが、起業に向けて振る活用しよう!という気持ちだけはあります。もう少し落ち着いたら、腰をすえて学んでみます。



地域クラウド交流会の醍醐味の1つは、アフター交流会です。
お酒を飲みながら、発表者と参加者が飲み屋に場所を移して交流します。

みなさん、めちゃくちゃにポジティブで、チャレンジする人を応援してくれる感じがあって、あっという間に時間が過ぎていきました。後日、Facebookを通じて30名くらいの方と繋がることができましたし、起業に向けて勇気をいただきました。

今回、37名の方に1000円投資いただいて、37,000円を起業に関わる費用として使うことができます。パン型など、まだ揃っていない備品を購入したいと思います。備品を買いましたら、こちらのブログでもご報告いたします!


当日のクラウド交流会の様子は、愛媛新聞さんが記事にしてくださいました。

みかん酵母パンで島おこし」2017年03月04日付10ページ

広島県ではニュースでもご紹介いただきました。

2017年3月5日

平成29年2月20日に、道の駅「御島」でのみかん酵母パン作りの様子を「月刊愛媛こまち」にご掲載いただきました。

まだ店舗を持っていない状態で、こうして大きく雑誌に取り上げていただけたこと、本当に有難く思ってます。

まぼろしの天然酵母パン!嬉しいな~


愛媛こまちさんの発行部数は28,000部ということなので、愛媛県内のパン愛好者の中で、ちょっとは知名度があがったのではないかなと思ってます。


2017年3月4日

愛媛新聞さんが、広島で開催されたクラウド交流会の様子を掲載してくださいました。
転載許可がおりましたので、下記に記事をご紹介します。
2017年03月04日付10ページ「みかん酵母パンで島おこし」
掲載許可番号:G20180401-03817