2016年9月13日

9月10日、11日と道の駅「御島」にて、パンの販売を行いました。
多くの方にパンを買っていただき、感謝いたします。

不定期で販売しているため、なかなかオンタイムでいつ販売するかをご連絡することができず。。。申し訳ないです。

毎回ブログに販売情報を載せていくと、販売情報だらけになってしまうので、今後はFacebookで告知をさせて頂きます。



この写真は、彼女が手書きで画用紙に絵を描いて、切り抜き、作成したFacebookのカバー写真です。

自分がパンを作るときに最も意識していることは、自分の子どもに安心して食べさせられるパンであることです。うちの子は1歳になる前から、自分が焼くパンを食べています。美味しいパンは、あっという間に食べきり、「パン!パン!」と、もっと食べたいとおねだりしてきます。

自分のパンは、発酵種をメインに使っているので消化がよく、1歳の子どもでも食べられる硬さです。見た目は硬そうでも、そんなに硬さを感じません。

友だちの子どもたちが自分のパンを食べたときのエピソードを聞くことも多いのですが、1歳、2歳でも「あっという間に大きなパンを平らげた」とか、「気が付いたらパンが半分無くなってた」とか、「パン頂戴っていっても、全然分けてくれなかった」という嬉しい話を聞くことがあります。

今後も子どもたちに喜んでもらえるパンを焼きたいと思っています。




フェイスブックページに「いいね!」していただけると、みなさまのタイムラインに情報が乗ると思いますので、ぜひ「いいね!」してください。販売情報を積極的にアップデートしていきます。上の埋め込み画像に「いいね!」をしてくれればOKです。



こちらは先週末に販売したときの店頭の様子です。商品説明などは彼女が担当してくれています。中身は私が作って、外見は彼女が作る。。。なかなか良い分担で、すごい可能性があるなーと最近よく感じます。