2015年10月7日

同僚のロッキーと支所の大先輩のご協力をいただいて、アーチ部分の木枠を作成しました。

コンパネを直径47cmの半円で切り抜いたものを4枚用意して、
その上に、薄いベニア板を円形にのせていきます。


ベニア板に厚みがあったため、円形にしようとすると外に反り返って釘が打てません。
板を抑える人がいないと作業が進まなかったと思います。


単純に半円形のコンパネにベニヤを打ち付けると、
釘を打っていないベニヤが反発するため、上の写真のように波を打ってしまいます。

ベニヤは釘だけではなく、すずらんテープで巻いて固定しました。


こうすると比較的真っ直ぐにベニアを固定することができます。


実際に、最前列だけ煉瓦をのせてアーチを作ってみました。
アーチ状に煉瓦がのるとパン窯らしくなります。

アーチ製作に使う煉瓦は、長方形ではなく台形です。
目地は外周に面した部分が10mmで、内周は0mmと三角状にする必要があります。
一定の幅で煉瓦を積むことができるように、三角にモルタルをのせながら煉瓦を積んでいきます。

耐火モルタルで目地を作るので、乾燥して割れたり、幅がずれたり、苦戦しそうですが
丁寧に耐火煉瓦を積んでいこうと思います!